2馬力ボートで真鯛や青物を釣りたいアングラーが読む記事!

読者さん

ゴムボートに乗って鯛や青物を釣ってみたいです!

カヤックやゴムボートで海に浮かんで、優雅に釣りをしている人を見かけたことはありませんか?

そのときの様子をInstagram、Twitter、FacebookなどのSNSで投稿している人がいますよね。釣果を見てるとウズウズちゃいませんか?

私も2馬力ボートを所持するまでは、他の人の投稿を見るたびに「今直ぐにでも海に浮かんで釣りをしたい!」なんて思っていました。

この記事はこんな方におすすめ
  • カヤックやゴムボートに乗って釣りをしてみたい
  • 自分のタイミングで沖に出て釣りをしたい
  • 鯛や青物をたくさん釣ってみたい
  • オフショアフィッシングに興味がある
ゴンちゃん

そんなアナタの気持ちを全力で応援します!

今使っているゴムボートと2馬力船外機

一言に「ゴムボート」といっても今や種類がたくさんあります。中でもジョイクラフトは有名どころです。まだ、ジョイクラフトという言葉を耳にしたことがなければ、これからたくさん楽しいことが待っていますよ♪

ゴムボート(AQUAMARINA CLASSIC 300

このゴムボートは2代目♪

実は、このゴムボートは2代目ですが、1代目と同じゴムボートです。なぜ、同じゴムゴートを選んだかというと、有名どころのゴムボートに負けず劣らず、ゴムボートとしての性能を発揮してくれているからです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アクアマリーナ AQUAMARINA ゴムボート クラシック 300 CLASS…
価格:50600円(税込、送料別) (2021/6/19時点)


こちらは私が実際に購入したゴムボートですが、エンジンマウントも付属されています。エレキモーターでも2馬力船外機でも購入して直ぐに取り付けることができます。

2馬力船外機(HONDA 2馬力 船外機 4ストロークBF2DH

今は快適に2馬力船外機を使っていますが、以前は1馬力前後のエレキモーターで釣行していました。エレキモーターだと重い重いバッテリーを積まなければならないし、駆動力が弱いし、今思うと大変でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【6月18日限定P最大20.5倍】ホンダ 2馬力 船外機 4ストローク BF2D…
価格:117000円(税込、送料別) (2021/6/19時点)


私は、空冷式のホンダ製品を購入しました。出荷状況や時期によって価格が変わりますが、10〜11万円前後で購入することができます。余分なメンテンナンスもなく、耐久性も申し分ないことから、こちらの商品を購入しました。

ボート釣行に必要な法律

ゴムボートで釣行するに当たって、これだけは忘れてはいけません。そして、必ず必要なものがあります。

緊急時の連絡先

海上での事故・遭難の際は118番へ!

110番でもなければ119番でもありません。

海上での事故・遭難の際は118番に電話しましょう!

意外と知らない人が多いようなので、これだけは注意が必要です。

ライフジャケットは常に着用する

ライフジャケットは、法律に関わらず必ず着用するのが基本です。

ライフジャケットを着用せずに落水した場合、約半数の方が助かっていません。ライフジャケットを着用することで助かる命がたくさんあります。

水際での釣り、カヤックやゴムボートでの釣りでも常に着用する習慣を身に付けましょう。

セーフティーフラッグを装備する

大型船からカヤックやゴムボートはよく見えません。もちろん見ようとしてくれていますが、コチラ側も安全配慮が必要です。

視認性を上げるアイテム「セーフティフラッグ」を装備しましょう。

携帯電話は必ず必要

万が一救助を求める場合、海上からの連絡は携帯電話が必須です。必ず携帯電話を携行しましょう。電波が届かない場所などを把握しておく必要もあります。

オールを積んでおく

エンジンは機械です。トラブルにより故障します。そういう場合、オールがあればなんとか漕いで戻ることができます。手漕ぎしなくて良いように、遭難しなくて良いように、オールを2つ積んでおきましょう。

また、浅瀬では船外機が使用できないので、そういう場合の操船にも欠かせません。

フットポンプを常備する

夏場、冬場はゴムボート(内圧)への影響が強いです。内圧が下がるとボートバランスを失いますし、空気が抜けた場合も操船が難しくなります。

緊急時にエアーが補充できるように常備しましょう。

免許不要の条件

以下の条件をクリアすれば船舶免許がなくてもオフショアフィッシングができます!

  • 船長(登録長)が3m未満であるもの
  • 推進機関の出力が2馬力以下(1.5kW未満)であること
  • 直ぐにプロペラの回転を停止することができてること
    (プロペラで身体を傷つけてしまわないようにする機能がある)

なぜゴムボートと船外機を購入したのか

ゴムボートを購入しようと思ったきっかけは、一緒に釣りをしている相棒「しっちゃん」にあります。

このパターン多いみたい(笑)

小遣い制度を導入している私たちには、一人で購入する財力がありませんm(_ _)m

二人とも「購入したい!」という意思はありましたが、なかなかタイミングが合わないものです。

悩みに悩みんだ末に折半して購入することになりました。ゴムボートも船外機も折半して購入すると痛みを半分にできます。

この記事の最後で釣り動画を公開しています!

今の今まで岸から釣りをしていたのに、急に沖に出れると思うと、なんだか不思議な感じがしますよね。

2馬力船外機の詳細動画

開封した時の様子を動画にしています。

青空フィッシングTV

ゴムボートに乗って釣りをするための心得

沖ではたくさんの魚たちが待っていますが、そう簡単には沖に出られません。

先程の「ボート釣行に必要な法律」と重複する部分もありますが、入念な準備が必要です。

必要なもの
  • ロッドホルダー(数に合わせて)
  • アンカー(流されすぎないために)
  • オール2つ
  • フィッシュネット
  • クーラーボックス
  • フットポンプ
  • フラグ(周囲に気付いてもらうため)
  • セーフティーフラッグ
  • ライフジャケット etc

ゴムボートに乗って沖で釣りをしようとすると、こんなにも必要物品があります。それに加えてストレスなく釣りをするためにはフィッシュグリップやネットなど、たくさん準備しなければなりませんね。

読者さん

てやんでい!こんな準備チョチョイのチョイよ!

自身の安全のため、周囲の安全のため必ず揃えましょう!

実際釣りをしてみて

ボートの種類にもよりますが、メリットは海上でゴムボートがとても安定することです。少しくらいの波は影響ありません。2馬力エンジンとの組み合わせで推進力も向上します。

デメリットを挙げるとすれば、鋭利なものや魚の背びれなどでゴムボートが避ける危険性があることです。また、ゴムボートのフロア(内底)に敷物をしていなければ足場が安定しません。

何れもフロアに敷物をして、鋭利なものに注意していれば解決することですが、ストレスを感じる方には向いていないかもしれません。

さて、私は2馬力ボートで、主にライトジギングとタイラバをしています。水深20〜30mくらいで釣りをしていますが、青物や真鯛など、ショアの釣りとは違う魚種が釣れるのでとても楽しいです!

船外機やゴムボートなど初期投資は必要ですが、一度投資すると美味しい魚が食べ放題です♪

地域によって釣れる魚が違うのも楽しいですね。

まとめ

「2馬力ボートをしたい」といっても、事前に準備するものや調べておくことが色々とあります。もちろん初期投資は必要ですが、一緒に楽しんで美味しい魚をゲットしましょう。もし、分からないことがあれば、気軽にお問い合わせ下さい。

2馬力ボートの釣り

わたしたちが2馬力ボートを使ってオフショアを楽しんでいる様子です。

青空フィッシングTV
青空フィッシングTV

シェアしてくれると嬉しいです!