【初心者向け】チニングを始める前に読んでおきたい記事!

読者さん

チニングとやらをやってみたいんだけど、何から始めたらいいの?

ゴンちゃん

そんなアナタにピッタリの記事をご用意しました!

この記事はこんな方におすすめ
  • チニングに興味がある
  • 初めてチニングにチャレンジする
  • チニングの釣り道具を探している
  • 周囲にチニングをしている人が居ない
  • 家の近くに河口がある

チニングとは

まずはチニングについて学ぼう!

チニングとは、ルアーを使ってチヌ(クロダイ)を釣る釣り方を言います。

チヌ釣りといえば、エサを使った「フカセ釣り」や「落とし込み釣り」を思い浮かべる方が多いと思いますが、ルアーを使って釣ることもできる釣りです。

シーバス釣りでポッパーやワームなどを使ったとき、外道としてチヌが釣れますよね。とにかく手軽に始めることができる釣りがチニングです。

チヌってどんな魚?

「チヌ」の正式名称は「クロダイ」と言い、北海道から沖縄まで日本全国に生息しています。 

主に、エビやカニなどの甲殻類、イガイなどの貝類を食べて大きくなり、最大で70cmクラスのチヌも生息しています。50cm以上の個体は「年無し」と呼ばれ、様々なアングラーに注目されています。

年なし(としなし「ねんなし」)とは

その魚が何年生きているのかよく分からない老成魚のことを言います。特にチヌ釣りでは、50cmを超える個体を年なしと呼んでいます。

チヌが釣れる場所

チヌは、とても水温に敏感なので、冬場になると水温が安定した深場へ向かい、春先や夏場などでは浅場に向かっていきます。また、汽水域を好むので、磯や堤防、河口やその近くの漁港、河口から数キロ上流の水域でも釣れることがあります。

チヌの行動としては「一定範囲の場所に住み着いている」もしくは「その周辺を回遊している」パターンが多いです。

そのため、無闇に投げて釣りをするより、チヌが住み着いていそうなポイントをダイレクトに狙っていく方が釣れる確率が上がります。

チヌ釣りのポイント

チヌ釣りで必要なポイントをおさえることができれば、自ずと釣果もアップします。

エサの豊富な場所を選ぶ

まず第一の選択肢として、エサが豊富な場所を選ぶことが釣果アップの秘訣です。

チヌは、エビやカニなどの甲殻類、イガイなどの貝類を食べています。そういった場所を選ぶことが大切です。

釣り場は汽水域が中心

チヌは、汽水域を好む魚なので、海水と淡水が混ざり合う河口などを中心に狙っていくことが重要です。

海水と淡水が混ざっている場所であれば、そこから数キロ上流までチヌは生息しています。

チヌの姿を見つける

どれだけエサが豊富でも釣れそうな場所でも、生息していなければ意味がありません。

河口によってはチヌが居ないこともあります。

そっと水面を覗けば、水面から背びれが出ていんたり、泳いでいるチヌの姿を見つけることができます。

チヌ釣りのタックルデータ

チヌ釣りをしていると、シーバス、マゴチ、ヒラメ、エイなど色んなターゲットが釣れます。

大型の魚が掛かっても、そこそこ戦えるタックルが必要になってきます。

ロッド

私がオススメするロッドは、ジャッカルの「BRS-S74L-LG」です。

BRS-S74L-LG

ジャッカル製品の「チビチヌヘッド」を使ったリグやポッパー、軽めのテキサスジグを用いたチニングに最適の1本です!

全長自重Lure WeightLine
7’4″(2.23m)100gMAX15gPE 0.4-1.0号
NY&FC 4-10lb

最安値を比べてみて!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャッカル(JACKALL) BRS(ビーアールエス) BRS-S74L-LG
価格:17324円(税込、送料無料) (2021/7/3時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャッカル 20 BRS-S74L-LG (チヌ・ロックフィッシュ ロッド)
価格:17325円(税込、送料別) (2021/7/3時点)


Power表記は「Light」ですが、ロックフィッシュを狙うこともできます。

ラインからロッドを伝わり、ボトムの変化を感知することができるので、大幅に根がかりを回避することができます。また、感度に加えて操作性に優れているため、チヌに対して攻撃的に掛けることでができます。

BRS-S74L-LG

小型のメタルジグを使えば、30cmクラスの大型アジを狙うことも可能です。

これだけ軽量で15gまで投げることができるので、いろんな釣りを展開することができますね。

リール

ここではスピニングリールについて、ご説明していきたいと思います。

リールはもちろんロッドスペックに合わせて購入しますが、メインラインの巻き量やドラグ比率なども参考にしてみて下さい。

番手は2000〜2500番を使います。ドラグ比率は4.8〜6.0程あれば十分だと思います。

メインラインの巻き量は下の項目でも話をしていますが、PE:0.4〜1.0号が100m程あれば良いかと思います。釣り場に応じて検討してみて下さい。

ライン

ここでは、「ロッド:BRS-S74L-LG」と「リール:エメラルダスMX」に合わせたラインをご紹介しています。

ラインはロッドやリールのスペックに合ったものを使用して下さい。

【メインライン】PE:0.4〜1.0号
【リーダー】フロロカーボン:1.5〜2.0号

メインラインとリーダーの結束は、お好みの方法で行って下さい。

チニングをするエリアにもよりますが、メインラインの巻き量は100m程あれば良いかと思います。

ルアー

私がオススメしたいルアーは、「ポッパー」と「ワーム」です。

ポッパー

「ポッパー」はトップウォーターで定番のルアーです。大きな口を開けたルアーで、水しぶきと音を立てながら水面を引いて魚にアピールします。このルアーは「水しぶき」と「音」がとても重要になります。

シルバーウルフ チニングスカウター 60F

ただ巻いただけで左右に動くルアーとは異なり、アングラー側が操作することによって、釣果に差が出ます。

初心者の方は、どのポッパーも同じように見えるかもしれませんが、重さが違えば浮力も違います。

ゴンちゃん

使っているのはDAIWAの「シルバーウルフ チニングスカウター 60F」だよ!

フックはSaqSas搭載!

ボディサイズはコンパクトですが、抜群の飛距離で広範囲を探ることができます。形状がマウスの形をしており、独特のラトル音とスプラッシュが発生します。

テール部にあるフィンはクイックターンやドッグウォークを演出することができるので、アングラーのアクション心をくすぐります。

標準仕様では#8のフックサイズがセットされていますが、状況に応じて#6番に交換することでアクションに安定感が増します。

ワーム

「ワーム」と言っても種類がとても豊富です。使うジグヘッドも種類が豊富だし、なかなか選ぶことができません。

ちびチヌHEAD + ちびチヌ蟹

使うワームの大きさは1〜3インチほどのものを使用します。

冬場など水温が低い時期になると、水中での波動や音の反響率が高くなります。

ゴンちゃん

私は、JACKALLの「ちびチヌHEAD」と「ちびチヌ蟹」の組み合わせを使っているよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャッカル JACKALL ちびチヌHEAD 5g/7g/10g ジグヘッド チ…
価格:671円(税込、送料別) (2021/7/3時点)


水中でゆらゆらと揺れてアピールするワームも良いですが、微波動を生み出すワームの方が良い時もあります。

素材で言うと、柔らかければ小さなバイトでもしっかりと口の中に入ってくれます。

少し荷物にはなってしまいますが、色んなルアーを用意しておく方が状況に応じた釣りが展開できると思います。そして、魚との距離が必ず縮まっていきます!

最後に

新しい釣りをするとき、対象となるターゲットの生態から学ぶことが大切です。今回は、チヌの生態も取り入れましたが、「チニングとは何か」を学ぶことはできましたか。また、タックルを選ぶ際の決め手になりましたか。

チニングに関する情報はこれだけではありません。

いろんな状況や釣り場に応じたチニングを展開するために、これからもたくさん引き出しを増やしてチニングにチャレンジしましょう!

シェアしてくれると嬉しいです!