フィッシングシューズを購入する前に読んでおきたい記事!

読者さん

この前、釣り場でスベって転んだんだけど、靴ってなんでも良いんじゃないの?

なんでも良いわけではありません!靴選びはとても大切です!

選び間違えると転ぶだけでなく、命を落とすことだってあります。

「靴」それは普段の生活に欠かせないアイテムですが、「釣り」をする上でも欠かせないアイテムの一つです。

「フェルト」「スパイク」「フェルト+スパイク」など色んな種類があるので迷いますよね。

この記事はこんな方におすすめ
  • 靴なんて何でも良いんじゃないの
  • メーカーも種類もたくさんありすぎて悩んでいる
  • 使い分け方がわからない
  • どんな素材があるのかを知りたい
  • まだ釣り専用の靴を持っていない
ゴンちゃん

釣り場、足場に応じて靴を使い分ける必要があります。

快適に安全に釣りを楽しむために、適切な靴を買いましょう♪

記事を最後まで読んで自分のシューズを探そう!

※この記事の間に今まで使用したオススメのシューズも掲載しています

フェルトシューズ

靴底にフェルト生地がピタッと張り付いているタイプのシューズです。足場が不安定で滑りやすい地形で威力を発揮してくれます。

メリット

  • 伸縮性があり滑らかな地面でも歩きやすい
  • ゴツゴツしていて不安定な地形でもフェルトがフィットしてくれる
  • 靴底圧が分散されるので足が疲れにくい

デメリット

  • 平面で滑りやすい
  • 海藻や苔などが沢山張り付いていると滑りやすい

そもそもフェルト生地ってなに?

メリット

  • 保湿性がある
  • 切りっぱなしでもほつれない
  • 防音作用がある
  • 衝撃を緩和してくれる

 生地としての性質は、とても優秀だよ!

 靴底がフェルトだと少しフワフワしていて歩きやすいのは、衝撃を緩和してくれるからですね。

デメリット

  • 摩擦に弱い
  • 縮みやすい
  • 穴が開きやすい
  • 伸縮性に乏しい

磯場やテトラポッドに生えている苔で滑りやすい!

 靴底がフェルトだけでは、滑りやすく意味がありません。また、泥地や砂場、枯葉などの上でも効果を発揮することが出来ません。

スパイクシューズ

 様々な素材の靴底からのピンが出ているタイプのシューズです。ピンには、ステンレスやタングステンなどの種類があります。

メリット

  • ピンにより接地面が少なくグリップ力が強くなる
  • ゴツゴツした地形に加え、海苔や苔が生えている場所でも効果を発揮する
  • 岩や貝類にピンが入り込めばより強いグリップ力になる

デメリット

  • ゴロタ浜やツルツルした石が密集している場所では滑りやすい
  • 接地面が少ない分、歩きにくく疲れやすい
  • 摩擦によりピンがすり減ってしまう
  • ピンのタイプによっては折れ曲がることがある

フェルト+スパイクシューズ

 文頭で紹介したフェルト生地の間からスパイクピンが数本でているタイプのシューズです。フェルトとスパイクの双方のメリットやデメリットが混在しますが、地面への接地面が多いという点では、フェルト寄りであると思います。

様々な釣り場で効果を発揮してくれるオールラウンダーシューズ!

 ちなみに私は『スパイクシューズ』を使用しています。値段は高ければ高いほど、使用している素材が良い印象を受けます。しかし、1万円前後のスパイクシューズでも十分な効果を発揮していますよ。

ライフジャケットもそうですが、シューズも間接的に命を守る大切なアイテムです。

 最低限の機能性を確保しつつ、予算があれば高くて素敵デザインのシューズを購入したいですね(^^)v

まとめ

 いかがでしたか?釣りをするに当たって切っては切り離せないシューズですが、素材によって様々な特徴がありましたね。釣り場によって使い分けをすることはもちろん、安全性の高いシューズを選択することで、より釣りが快適になります。素敵なシューズに出会えると良いですね♪

シェアしてくれると嬉しいです!