メバリングやアジングで釣れないときの対処方法とポイント!

読者さん

メバルやアジが釣れないときの引き出しが欲しいです!

ゴンちゃん

そんなアナタに私の引き出しを伝授しちゃいます!

この記事はこんな方におすすめ
  • 新しい釣りをしてみたい
  • 安いコストで工夫してみたい
  • 魚がなかなか釣れない
  • 釣れないときの引き出しが欲しい
  • ライトゲームを愛している

ライトゲームで「アジ」や「メバル」が釣れないとき、同じ釣りをしても釣果はアップしません。しかし、引き出しがあれば想像以上に釣果がアップします。

大量間違いなし!

そこで、今回はジグ単体で釣りするときの引き出しを伝授したいと思います。

ジグ単体での釣りは、針にワームを刺したルアーを動かす単純な釣りですが、簡単ではありません。知れば知るほど奥が深いです。

バイトマーカーの存在

なかなかメバルが釣れないとき、友人から『食い気がないとき、どうしたらいい?』と質問がありました。私は、ふと思いました。

ゴンちゃん

もしかしてメバルがルアーに気付いてないかも?

もちろんその日の天候や潮などの条件にもよりますが、どのような状況でも使える引き出しを思いつきました。とても簡単な方法です。

「蓄光玉」最強!

IMG_0091

それは、「蓄光玉」を使うことです!

なんと言っても超簡単!ワームより先に蓄光玉を通しておくだけ!

手芸用品でもOK!

釣り用品でもOK!

ルアーの位置が把握できる

では、蓄光玉を付けて何が変わるのか。

メリットの一つは、ターゲット側からだけではなく、人間側からもルアーの位置が把握できることです。

夜に限ったことではありません!

着水直後やリトリーブ中、分かりにくいこともありますよね。

視認性が上がれば、必然的にルアーのコントロール力が上がります。

レンジコントロールができる

釣果アップを目指すのであれば、レンジ(深さ)をコントロールすることも大切です。

バスフィッシングをしていた方は、レンジコントロールの大切さがわかると思います。非常に重要な要素ですね。

視認性が上がるということは、自分の理想とするレンジで表現できるということです。

思い通りにコントロールしてチャンスを物にしましょう!

バイトの瞬間を見逃さない

自分から見える位置にターゲットがいる場合、バイトシーンを目視で確認することができます。

「どう捕食するのか」「どのようなアクションで捕食するのか」これらは、その日の釣りには大きなヒントになります。

まとめ

爆発的に釣果が伸びるわけではありませんが、引き出しの多さに比例して釣果はアップしていきます。

蓄光玉はボンヤリとした光ですが、時にはバイトマーカーになり、時にはルアーが目視しやすくなるマーカーとなり、アングラーの味方をしてくれます。

是非、引き出しの一つとして、使ってみてはいかがでしょうか。

シェアしてくれると嬉しいです!