所要時間は約5分!タコ釣りの針が自作できるようになる時短記事!

読者さん

タコ釣りの針って自作できるの?

この記事にたどり着いた人は、とてもマニアックですね(笑)

きっとタコ釣りマスターに近づいているという証拠でしょう♪

この記事では、タコ釣りの針を自作する方法をご紹介しています。

もちろん最終的には本体部分も作成していきたいと思っていますが、まずは針から作成していきます。

この記事はこんな方におすすめ
  • 大きいタコを釣り上げてやる
  • 市販のタコ針では心もとない
  • なんでも作る作業が好き
  • 自分だけの釣り道具が欲しい
ゴンちゃん

自作方法の一つとして参考になれば嬉しいです♪

必要物品

Snapshot
  • ステンレス線2.0mm
  • ペンチ
  • 研石
読者さん

え?研石で研磨していくの?地味だな。

はい!地味だけど研石でコツコツ研磨していきますよ!

もちろんグラインダーやサンダーで研磨していく方法もありますが、今回は研石を使用します。

ゴンちゃん

やっていくうちに愛着が湧いてくるんですよ♪

自作針でタコが釣れると嬉しさ倍増です!

好きな長さにカットする

Snapshot1

さっそく準備物のペンチを使ってステンレス線をカットしていきます。

今回は約15cmを基準にカットしていきましたが、本体や用途に合わせてカットして下さい。

実際に触って強度を確かめるとよく分かると思います!

ステンレス線の太さは、他にも1.2mmや1.6mmもありましたが、キロ以上のタコが釣れたとき、戦えるか不安なので、今回は2.0mmを選択しています。

黙々と研いでいく

ここからが研石との勝負です!ひたすら研いでいきます!

全ての工程は約5分!

Snapshot2

時々先端を確認!

Snapshot3

時々、先端をキッチンペーパーやティッシュで拭きながら削れ具合を確認します。

少しずつ削れているでしょう!

Snapshot4

結構、簡単に削れてきましたね。

更に細かく!

Snapshot5

そして、ある程度削れたら研石を裏返します。

表と裏では研石の細かさが違うので、先端を鋭く滑らかに整えることができるんです。

実際に使えるのか

約5分で仕上がるステンレス製の針ですが、思っている以上に先端は鋭いです!

DSC_2042

写真で鋭さを伝えるには限度がありますが、タコの身体は余裕で貫通します。

貫通するのであれば目標クリア!

最後に

現在は市販のタコエギを使って、針の強度を検証したり、どの程度使えるものなのかを検証しています。

針の曲げ方や取り付け方は、また折って紹介していきたいと思います。

あなたにとって最高のタコ釣りになりますように♪

ゴンちゃん

記事を読んでイマイチ理解できなかった人は、動画で見ることもできます!それでも分からないときは、お気軽にお問い合わせ下さい♪

シェアしてくれると嬉しいです!