これから太刀魚釣りを始めたい方へ!

今回は、太刀魚釣りを始めたい人向けの記事を書いてみました。

ゴンちゃん

太刀魚シーズンが到来しました。

私が住んでいる地域では、大きな太刀魚が釣れた後に、小さな太刀魚の数釣りが楽しめます。

この記事はこんな方におすすめ
  • 太刀魚を知りたい
  • 太刀魚をルアーで釣ってみたい
  • 太刀魚の釣り道具を知りたい
  • 何より太刀魚を食べたい

この記事に書いてあることはこんなことだよ!

太刀魚(タチウオ)

別名:タチノウオ、ハクウオ

「タチウオ」という名前は「太刀(たち)」のように見える魚体、「立ち」泳ぎをする様子が由来となっている説などがあります。

幼魚は日中海底から100mほど上の層を群れで泳ぎ、夜間は海面近くまで上昇してオキアミや小魚などを捕食しています。

成魚は日中でも表層を回遊してイワシ類などの魚を盛んに捕食しています。

大きい太刀魚ほど海底に潜んでいます!

歯が鋭いので危険!

太刀魚の歯は非常に鋭いです!上顎の大きな歯は内向きに生えているため、一度噛みついた獲物を逃しません。しかし、これだけ鋭いはを持っているのに、タチウオは甲殻類などを食べません。なぜ?

太刀魚の体表にはウロコがありません。写真を見てわかるように白銀色に輝いています。なんだかキラキラして綺麗ですよね。

これは、グアニンという質の層で覆われいるからです。

釣り道具

私が太刀魚釣りで使用する釣り道具はこちらです。

タックルデータ

シーバスロッドやエギングロッドでもOK!

太刀魚は歯が鋭いので、リーダーは20〜25lb、もしくはワイヤーリーダーの使用をオススメします。

サゴシと同じでスパッとラインを切られることもあります。

スピンテールも効果的!ブレードが小さな小魚を演出してくれます。メタルバイブと一緒に釣り場に持って行ってみましょう!

釣り方

その日の活性や釣り場の地形、ベイトの入り具合によりますが、私は一貫して「ただ巻き」をしています。

ルアーをただ巻くだけ!

使っているルアーは「メタルバイブ」と「スピンテール」ですが、ただ巻くだけで勝手に太刀魚にアピールしてくれます。

捕食しているベイトの層によっては巻いてくる深さを変える必要はありますが、それさえ見つけることができれば爆釣間違いなしです。

雨の日も夜光!

太刀魚からルアーが見つからないと意味がないので、やはり夜光のルアーをオススメします。大は小を兼ねる!ではありませんが、私は昼間でも夜光ルアーを使っています。

最後に

冒頭でもお伝えしたように、この時期は数釣りが楽しめます。

既に太刀魚釣りをしている方は、あの強引なアタリを経験していると思います。一度釣り上げると病みつきにあるアタリですよね。

特に初心者の方は、この機会に太刀魚を釣り上げて楽しみましょう。

▼Aozora Fishing TV 動画配信中!

シェアしてくれると嬉しいです!